趣味

2017年8月 7日 (月)

ハーブボール作り講習会

今日8/7は、千倉の保健センターで10時からハーブちくらとカレンデュラプラザコラボ企画の ハーブボール作りの講習会をハーブちくらの佐々木さんに講師になっていただき開催しました。

 

佐々木さんが育てたハーブは、どれも良い香りです。

カレンデュラプラザとしては、南総エコロジーのドライカレンデュラを皆さん入れていただき 他はハーブちくらのレモングラスをベースにして好きなハーブを加えて揉んで布でくるんで、たこ糸で縛って持ち手を作りました。

 

みんなの香りを順番に香ったのですが、それぞれ違うんです。

持ち帰って自分が作ったのを、また揉んでみたら また香りが変わりました。

とても楽しい時間が過ごせました。

終わった時に 隣でヨガをやっていた方々が何をやってたの?と興味を示してくださいました。

 

また、企画できたらな、と思います。

今日、参加してくださった皆様、どうもありがとうございましたm(__)m

2


3


6

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月 3日 (木)

ヘリクリサムの精油

メニエールに似た症状になった時も ヘリクリサムがいいというのを精油を調べていて見つけましたが 骨折の回復にもヘリクリサムはいいそうです。

ヘリクリサムには、細胞分裂を促進し新陳代謝を高める作用があるため、細胞を若々しく保ち、体の各器官を活性化させる効果があります。
特に、肌に対する再生力が高く、スキンケアの場でも多く用いられており、あざや傷の治療、老化肌の改善に効果的だそうです。

骨折の回復のためにも ヘリクリサム・フランキンセンス・ラベンダー他、数種類の精油を濃い目にカレンデュラオイルにいれて 左手のマッサージに使っています。

むくみが取れてきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月22日 (土)

カレンデュラオイルと石けん素地で手作り石鹸

カレンデュラオイルと花びらと石けん素地で作る手ごね石けんの作り方です。

材料:石けん素地150g・カレンデュラオイル30ml・ドライカレンデュラハーブ適量

 

作り方:

・破れにくい厚手のポリ袋、またはボールに石けん素地、オイル、花びらをいれて よく練ります。

 

・耳たぶくらいの柔らかさになったら形を整えて 型抜きをします。

好きな形に 手で作ってもかまいません。

 

・形にしたものを 風通しがいいように割りばしの上に置き、1週間 乾燥させて出来上がりです。

 

そのままで泡立ちにくいようでしたら ネットに入れて使うと泡立ちます。

Dsc_0490


Photo

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月20日 (木)

ハーブの会でカレンデュラ石けん作り

今日は、ハーブの会の皆さんに カレンデュラオイルと花びら、石鹸素地を使ってのカレンデュラ石鹸のワークショップをさせていただきました。

左手が使えないけど説明だけはできますと予定通りのワークショップの開催でした。


石鹸を作る前には 精製水とカレンデュラオイル、精油を選んでいただいて手が汚れる前に ささっと作ってしまいました。


石鹸作りは3年連続この時期にやっていますので、お姉様方が賑やかにお喋りしながら、力をこめて それぞれの形を作られました。


荷物を持ってくださったり、準備や片付けを手伝ってくださったり、ありがたかったですheart

素敵な皆様に囲まれて幸せです🎵

どうもありがとうございましたm(__)m

2


1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月14日 (金)

今日も枇杷クラブでワークショップ

今日4/14も 富浦の道の駅 枇杷クラブ スタジオbeにて カレンデュラクリームのワークショップを開催しました。

カレンデュラクリームで 火傷のあとが殆どなくなって感動してくださったお客様が、クリームを使い終わってしまうと作りに来てくださいます。

ピアニストのお友達にプレゼントもしているそうですが 指先の傷口も早く良くなると好評だそうです。

また、来月 プレゼントする為に作りに来てくださるそうです。

実感していただいてカレンデュラクリームのファンになってくださって とても嬉しいです

ヽ(´▽`)/。

Photo

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月28日 (火)

ハーブの本を開いたら

8年前、ホテルのリラクゼーションサロンの暇な時期は読書の時間にあてていました。

ハーブの知識と応用の本を パッと開いたら 「ポットマリーゴールド・学名 カレンデュラ オフィシナリス、別名きんせんか」 と書かれていました。

そこには特徴として、{日本では花壇に咲く花としてなじみのあるきんせんかですが、ヨーロッパでは古くから食用ハーブとして親しまれてます。花の色は黄色からオレンジ色までさまざまですが、鮮やかなオレンジ色が一番有用で料理の色づけに用い、「貧者のサフラン」などといわれています。}

栽培・収穫と栽培・薬効・利用法が書かれていました。1993年に発刊された本で まだ主婦だった頃に興味があって買っていた本でした。

Photo

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月14日 (火)

寒い季節に手作りバスボム

バブのようにシュワーとなる入浴剤バスボムの作り方です。

材料: 重曹50グラム・クエン酸50グラム・塩20グラム・植物オイル少々

作り方:容器に重曹、クエン酸、塩をいれてよく混ぜます。

     オイルを少しずつ加え、手のひらで揉むようにしてよく混ぜます

     ラップに半分の量をいれて 巾着絞りにして形を整えます

     冷蔵庫で冷やし 固めます

     クッキー型で作ると 形がいろいろ楽しめます

注意:オイルをまとめやすいくらい入れると 置いている間に発泡してしまいます

    入れすぎないようにしましょう

☆ 作るのが 面倒なかたは 重曹とクエン酸をまぜて お風呂に入れるだけでも 炭酸のお風呂になって 身体が温まります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月12日 (日)

アロマストーンの作り方

毎月2回 富浦の道の駅「枇杷クラブ」のスタジオbeのスペースで アロマストーン作りとカレンデュラクリーム、石ケン作りのワークショップをしています。

枇杷クラブまで来られない方のために・・

材料: 石粉粘土  シリコン型

作り方:石粉粘土をこねます

     シリコン型に押し込み 型から崩さないように慎重にはずします

     キッチンペーパーの上に重ならないように並べ 上下完全に乾かします

     3日ほどで完全に乾いて硬くなったら出来上がりです

     乾いたアロマストーンの型からはみだした部分はやすりで丁寧に削ると

     きれいに仕上がります

使い方:乾いたアロマストーンに好きな香りのアロマの精油を落とします

     1滴でも6畳くらいの部屋でしたら3時間くらいは 香りが持続します

めちゃめちゃ簡単です。お子さんから大人まで 男性も夢中になってワークショップでは作っていらっしゃいます。

各部屋の置いたり、可愛い入れ物に入れて お友達に精油と一緒にプレゼントもオシャレですね。shine

70

Photo

落雁みたいでおいしそうですが、食べ物ではないので食いしん坊のいる家庭では気をつけてください(* ̄ー ̄*)

http://delfinataka.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月 5日 (日)

花粉症が今日はひどい

今日は 朝から花粉症がひどくて・・・

くしゃみが出るとひとしきり止まらなくなり、肋骨に響かないようなくしゃみの出し方が身についてきました。

リハビリの先生からも くしゃみで肋骨のヒビが悪くなることもあるから気をつけるように言われました。

目の痒みとくしゃみ、喉のいがいが、5月の連休までまた続くのかと思うと(。>0<。)

なんとか軽くしようと ヨーグルトやキムチなどの乳酸菌を普段より たくさん食べるようにして、ばんのう酵母くんを目薬代わりに痒くなったらさしています。

これがまたしみるんですが、痒みが しばらくの間 おさまります。

鼻の中の乾燥も鼻炎の悪化する原因だと調べたら載っていて、

そこで カレンデュラクリームを綿棒で鼻の中に塗ってみました。

今のところ治まっています。

今度作るときには ユーカリを入れてカレンデュラクリームを作って鼻づまり対策にします。

鼻のかみすぎで鼻の下が荒れそうなので そこにもクリームを塗っています。

鼻炎専用に カレンデュラオイルにもユーカリとミントを落としてブレンドオイルとして自分用に作って使うことにします。

Photo_2

http://delfinataka.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月13日 (月)

カレンデュラクリームの作り方

カレンデュラオイルとミツロウで 毎月2回 富浦の道の駅「枇杷クラブ」のスタジオbeで クリーム作りのワークショップをしています。

今月の2回目は24日(金)の10時~15時です。

カレンデュラオイルとミツロウがあれば 簡単にできます。

簡単で使いやすい分量は カレンデュラオイル10mlにミツロウ1gを写真のように溶かして

完全に溶けたら 容器にそそいで 冷めるまで待ちます。

香りをつけたい場合は 容器にあらかじめ好きな精油を落としておけば 注いだときに混ざります。

Dsc_0446_640x360

Photo


デルフィーナ http://delfinataka.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧