« ボランティアに登録 | トップページ | 被災地でSNSの素晴らしさを感じた日 »

2019年9月15日 (日)

救援物資を届けた帰りに虹が

92eb34c4c34b4ea2918beff0cef2ce07

千倉の川口地区の高徳院にボランティアに、

留守番をしてくれれば地域を回れるからと、

SNSで地域の情報をみて、洲崎神社に救援物資が必要とあり、川口地区は昨日の夜、電気が復旧したので支援物資を必要なところへ届けてください、と住職から、

戸村さんと一緒に洲崎神社へ物資を届けてきました。そこにはボランティアのお二人が、

実家が洲崎なのできてみたら停電中で高齢者ばかりの地域なのに救援物資が届いていないと、

夜には救援物資が充分揃いました、と投稿がありました。

布良、洲崎の被害は千倉より酷かったです。

今 千倉は土砂降りの雨、屋根が無くなった被災者の方が避難所に避難しているか心配です。

物資を届けた帰りに虹が見えました。

テレビで南房総市の停電は13000戸と、

南房総市民は38000人しかいません。

まだ3分の1が復旧待ちという事になります。

|

« ボランティアに登録 | トップページ | 被災地でSNSの素晴らしさを感じた日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ボランティアに登録 | トップページ | 被災地でSNSの素晴らしさを感じた日 »