« 被災地でSNSの素晴らしさを感じた日 | トップページ | 南房総千倉で癒しのボランティア »

2019年9月18日 (水)

台風の日に竜巻を見た人がいたと聞き

千倉でも自衛隊や県外の電力会社のクルマとすれ違うと 「ありがとう」と心で感謝しながらお辞儀をしてしまいます。

今でも山間部は停電しているところもあるようで 昼夜問わず電力会社の方たちは交代で働いているそうです。

今日も 川口のお寺 高徳院さんで13時までボランティア活動を、

どこの地区が何を必要としているのかを情報収集担当です。

今日は丸山の大井地区で物資が必要だと言うことで お寺にあるものをボランティアの方に届けていただいたり、白浜の紋屋さんが電気も水もきていないという情報があり、お寺に水がなくなったので、SNSで拡散したらお水を届けてくださった方が、午後から届けてくださいました。

3時と4時に予約が入っていたので、紋屋さんの場所と女将さんに一度だけあったことのある私が案内してそのまま帰宅。

紋屋さんは目を覆いたくなるほどの被害でした。屋根はなくなり柱だけが残っているような状態、中は瓦礫だらけでした。

女将さんから聞いた話では ピンクマンションに住んでいた人が台風の日に外を見ていたら 4つの竜巻が1つになって襲ってきたと・・

千葉県を縦断した竜巻の通り道が被害が大きかったのだと、風の通り道のところがはっきりわかるような壊れ方だと思いました。

物資は集まってきていますが 行政にはたくさん集まった物資が各家庭取りに来た人に限られた分を配っているようです。民間ボランティアは必要なところにSNSで拡散してその日のうちに飛鳥な場所に物資が集まり、そこの地域の人が一人暮らしのお宅に届けたり必要な人に渡しています。

自分のところが落ち着いたので市役所に金曜日にボランティアを申し出たのですがまだ受け入れしていない言われ 書類だけ書いて出し、連絡を待ってくださいと言われたけど未だに連絡は来ていません。

で、土曜日はやる気を無くしかけ母の買い物や息子にお蕎麦をおごってもらったりして少し気持ちも前向きになり、その晩 フェイスブックに川口が停電中だと言うのを見て 日曜から一時避難所である高徳院に行ってボランティアが始まりました。

仕事も全部キャンセルになっていたので やることもなくじっとしてると 豊かな自然がそのまま残っている房総が一夜にして自然により破壊されてしまった現実逃避のために何かやっていないと自分も壊れてしまいそうなのかもしれません。

|

« 被災地でSNSの素晴らしさを感じた日 | トップページ | 南房総千倉で癒しのボランティア »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 被災地でSNSの素晴らしさを感じた日 | トップページ | 南房総千倉で癒しのボランティア »