« きんせんか=カレンデュラ | トップページ | チャレンジ事業に申請を »

2017年3月28日 (火)

ハーブの本を開いたら

8年前、ホテルのリラクゼーションサロンの暇な時期は読書の時間にあてていました。

ハーブの知識と応用の本を パッと開いたら 「ポットマリーゴールド・学名 カレンデュラ オフィシナリス、別名きんせんか」 と書かれていました。

そこには特徴として、{日本では花壇に咲く花としてなじみのあるきんせんかですが、ヨーロッパでは古くから食用ハーブとして親しまれてます。花の色は黄色からオレンジ色までさまざまですが、鮮やかなオレンジ色が一番有用で料理の色づけに用い、「貧者のサフラン」などといわれています。}

栽培・収穫と栽培・薬効・利用法が書かれていました。1993年に発刊された本で まだ主婦だった頃に興味があって買っていた本でした。

Photo

|

« きんせんか=カレンデュラ | トップページ | チャレンジ事業に申請を »

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/518798/65077836

この記事へのトラックバック一覧です: ハーブの本を開いたら:

« きんせんか=カレンデュラ | トップページ | チャレンジ事業に申請を »