« カレンデュラオイルで妊娠線予防 | トップページ | 枇杷倶楽部で打ち合わせ »

2016年7月12日 (火)

食後の中性脂肪をたまりにくくするには

水溶性の食物繊維(海草や納豆、サツマイモ・人参・エシャロット・大根など)を含んだものを先に食べて、食後30分~1時間後に10分ほど歩くだけで 食後高脂血症を防ぐそうです。

3回食べたら 3回ウォーキングしなければいけないのは大変そうです。

隠れ中性脂肪が改善されるそうです。

健康を維持するためには 努力が必要です。

歩くのが大変な人は マッサージやアロマトリートメントを受けるのも エネルギーを使うので ホテルに泊まったら食後30分~1時間後にトリートメントを予約すると良いですね。

|

« カレンデュラオイルで妊娠線予防 | トップページ | 枇杷倶楽部で打ち合わせ »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/518798/63906567

この記事へのトラックバック一覧です: 食後の中性脂肪をたまりにくくするには:

« カレンデュラオイルで妊娠線予防 | トップページ | 枇杷倶楽部で打ち合わせ »