« アーモンド | トップページ | アーモンドの蜂蜜漬け »

2016年5月13日 (金)

カレンデュラ(きんせんか)の働き

*キンセンカ/薬草で期待される働き

消炎作用、収斂作用、駆風作用、解毒作用、抗菌作用、鎮痛作用、止血作用、健胃作用など。

外用では、軟膏や浸出液が使われており、内用では水を用いて煎じたものやチンキ剤といった形で使われています。

昔から ヨーロッパでは、薬用植物として広く知られていた経緯があり、消化器系、胃腸の障害及び皮膚などの病気である皮膚炎や湿疹の症状に対して用いられていました。

南房総はカレンデュラ(キンセンカ)生産量日本一です。

Photo

|

« アーモンド | トップページ | アーモンドの蜂蜜漬け »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/518798/63622163

この記事へのトラックバック一覧です: カレンデュラ(きんせんか)の働き:

« アーモンド | トップページ | アーモンドの蜂蜜漬け »