« きんせんかで町おこししたい思い | トップページ | NHKのドクターG »

2016年2月20日 (土)

ホームハーブの本

平成7年に発行された本「ホームハーブ」ペネロピ・オディ著の美容と病気予防に役立つ薬用ハーブの本を セラピストの仕事を始める前に購入していました。

そのころは 子供たちの健康維持に役立てたいと買った本でした。

セラピストとしてからも愛読して、ホテルで仕事するようになって7年前の閑散期に パッと開いたページがマリーゴールド(キンセンカ)のページでした。

そこから キンセンカは地元の畑でよく見るので調べたら キンセンカは白浜が生産量日本一でした。

この本には 「マリーゴールド(キンセンカ)

17世紀には疫病の理想的な治療薬で、他の疫病薬より かなり効果が大きいと考えられていました。殺菌力が非常に強いためです。明るいオレンジ色の花は心臓を強くすると考えられていて、明るい花を見るだけで元気が出ると言われていました」と書かれていました。

Photo

Photo_2


http://delfinataka.com/

|

« きんせんかで町おこししたい思い | トップページ | NHKのドクターG »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/518798/63240605

この記事へのトラックバック一覧です: ホームハーブの本:

« きんせんかで町おこししたい思い | トップページ | NHKのドクターG »