« カレンデュラの神話 | トップページ | 10月12日の房日新聞に »

2015年10月13日 (火)

カレンデュラの花言葉

*花言葉は


「慈愛」 「別れの悲しみ」 「乙女の美しい姿」 「失望」 「悲しみ」 「用心深い」 「悲嘆」

「静かな思い」 「初恋」 「さびしさに耐える」 「変わらぬ愛」 「忍ぶ恋」 「誠実」

カレンデュラ(きんせんか)は悲しい花言葉が多いです。

きっとギリシャ神話からなんですね。

他にも、きんせんかの花色は暖かく明るい陽気な雰囲気があって、遠い昔には長期間 咲く花から、忍耐と変わらぬ愛の証を象徴する花とされていた反面、以前ヨーロッパでキリスト教徒を迫害したときのローマ皇帝の象徴である黄色を嫌い、黄花を否定的に捉えたことによるという説もあります。

昔は恋人への不変の愛と忍耐を表す花とされていたので 結婚式の飾りに用いられていたそうです。

日本では 「きんせんか」というと仏様に飾る花の印象が強いです。

|

« カレンデュラの神話 | トップページ | 10月12日の房日新聞に »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/518798/62468018

この記事へのトラックバック一覧です: カレンデュラの花言葉:

« カレンデュラの神話 | トップページ | 10月12日の房日新聞に »