« 薬草といわれるカレンデュラ | トップページ | 日本おうちサロンマップ協会の新しい支部が »

2015年10月22日 (木)

きんせんか(カレンデュラ)の中国での言い伝え

隋の国の統一前の「梁」の国の魚弘さんが、かけすごろくに勝った時に 金銭でもらうよりも珍しい花でもらいたいということで、この花をもらって、そのため この花は「金銭花」と呼ばれるようになったという説もあります。

きんせんか=カレンデュラは ギリシャ神話に出てきたり、古代エジプトから薬草として使われていたり、それに比べ 日本は仏様に飾る花として定着してしまって、 随分 外国との差があります。

|

« 薬草といわれるカレンデュラ | トップページ | 日本おうちサロンマップ協会の新しい支部が »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/518798/62529327

この記事へのトラックバック一覧です: きんせんか(カレンデュラ)の中国での言い伝え:

« 薬草といわれるカレンデュラ | トップページ | 日本おうちサロンマップ協会の新しい支部が »