« 出産間際に カレンデュラ(きんせんか)オイル | トップページ | カレンデュラ(きんせんか)のハーブティーの働き »

2015年10月26日 (月)

カレンデュラに含まれる主な成分

カレンデュラ(きんせんか)の花びらに含まれる 主な成分です。

919


含有される成分ではフラボノイド、サポニン、粘液質、トリテルペノイド、カロテノイド、苦味質、フィトステロールといったものがあります。

フラボノイドには強い抗酸化作用があります。

毛細血管を拡張して、血行を促進したり、心臓の血液量を増やし、脳の老化を防いだり、成人予防の効果もあるそうです。

サポニンにも抗酸化作用があり、血管に付着した脂肪分を溶解し除去したり、中性脂肪を溶解し減少させ、血管に存在するコレステロールや脂肪分などをキレイに洗い流す働きがあるそうです。

苦味も この成分の特徴のようです。肝機能強化にもよいそうです。

681

南房総の食用きんせんかの花びらを使った カレンデュラオイル 100ml:4000円(外税)

問合せは 下のホームページをご覧ください。

http://delfinataka.com/ デルフィーナ

|

« 出産間際に カレンデュラ(きんせんか)オイル | トップページ | カレンデュラ(きんせんか)のハーブティーの働き »

心と体」カテゴリの記事

美容・コスメ」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/518798/62553733

この記事へのトラックバック一覧です: カレンデュラに含まれる主な成分:

« 出産間際に カレンデュラ(きんせんか)オイル | トップページ | カレンデュラ(きんせんか)のハーブティーの働き »