« さすが 商売の神様 安房神社 | トップページ | 東京ビッグサイトの外の駐車場で迷って »

2012年3月16日 (金)

健康博で藤田先生の腸内細菌の話を聞いて

今日まで、東京ビッグサイトで開催されていた「健康博覧会」に友人のセラピストと一緒に行ってきました。car

「腸内細菌を増やす日本の伝統食『酵素・酵母食品』~幸せ物質を脳に送る腸内細菌の驚くべきはたらき」というお話が 東京医科歯科大学名誉教授の藤田紘一郎先生によりイベントブースで行われました。

立ち見が出るほどの興味関心の高さが伺えました。

先生のお話から、ご自身の研究の一環として、自らの腸内で「きよみちゃん」と名付けたサナダムシと共生していた先生は、

“人間の免疫力を上げるためには、腸内細菌が必要で、野菜を食べ、納豆菌や乳酸菌などの食材を加えると良い。一方、免疫力を下げないためにはストレスを感じないことだ。笑うことはガンを防ぐという実験結果も出ている。無理やり笑顔をつくるだけでも効果がある。

うつで苦しむ人の脳内には幸せを感じさせるセロトニンが少ない。

セロトニンやドーパミンやGABA(最近チョコに入ったりしている)など脳で幸せを感じさせる物質の85%は腸内細菌が作っている。

つまり、腸内細菌の数と種類が多くないと幸せは感じにくい”というお話でした。

酵母や酵素が含まれる 伝統の日本食が身体には一番いいそうです。

|

« さすが 商売の神様 安房神社 | トップページ | 東京ビッグサイトの外の駐車場で迷って »

心と体」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

美容・コスメ」カテゴリの記事

コメント

敷かれる夫様

はい。\_(^◇^)_/
5月の連休まで 今の状態なら 軽く乗り切れそう位です。
本当に ありがとうございました。

投稿: デルフィーナ | 2012年3月18日 (日) 17時21分

はい。
ツイッターでつぶやかせていただいた者です。

もう効果を体感できているのですね。

残りのスギ花粉シーズン、
「頑張らずに」乗り越えましょう!

投稿: 敷かれる夫 | 2012年3月18日 (日) 03時39分

コメントありがとうございます。m(_ _)m
敷かれる夫とあったので まさかご本人から?と一瞬。

もしかしたら ツイッターで「ノアレ」を教えてくださった方ですか?
お陰様で 薬を飲んでいる時よりも楽になりました。
どうも ありがとうございました。

投稿: デルフィーナ | 2012年3月17日 (土) 20時56分

はじめまして。
南房総在住の者です。

私も長期間花粉症に悩んでいました。

15年ぐらい前、アレルギー緩和手段に悩んだ際に藤田先生の本「空飛ぶ寄生虫」を読みました。
細菌や寄生虫による免疫の関連性に驚いた覚えがあります。
当時、さすがにサナダムシは飼えないので、サナダムシ分泌物が薬として販売されないかと期待したものです。

KW乳酸菌製品が販売開始された際、効能にアレルギー緩和の可能性を聞き、今では「ノアレ」でマスク無しで済む程度の生活ができていますよ。

投稿: 敷かれる夫 | 2012年3月16日 (金) 19時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/518798/54236033

この記事へのトラックバック一覧です: 健康博で藤田先生の腸内細菌の話を聞いて:

« さすが 商売の神様 安房神社 | トップページ | 東京ビッグサイトの外の駐車場で迷って »