« 芦屋トゥールブランのブラウニー | トップページ | 便秘のツボ »

2012年2月14日 (火)

疲れが顔に出るときのツボ

「顔の症状はさん竹(さんちく)」と言われている、眉毛の鼻筋寄りの端がツボです。

眼痛、緑内障、顔面神経痛、三叉神経痛、頭痛に良いとされて、顔面の気血の流れを整えて疲れを取るとされています。

水溝(すいこう)という 鼻の下、中央にあり 古くから「気付けのツボ」として、頭部の気血の流れを急速に回復させるといわれています。

かんりょうという頬骨の下、左右目尻の真下で頬骨の下端の少し窪んだところは、顔面筋の痺れと疲れに良いとされ、血流を活発にして顔全体のハリを取り戻し、シワを目立たなくしてくれます。

フェイシャルトリートメントでも行うツボです。

|

« 芦屋トゥールブランのブラウニー | トップページ | 便秘のツボ »

美容・コスメ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/518798/53983707

この記事へのトラックバック一覧です: 疲れが顔に出るときのツボ:

« 芦屋トゥールブランのブラウニー | トップページ | 便秘のツボ »