« 2歳児と堰の周りを散策 | トップページ | 気になる手荒れの季節の前に »

2011年10月 4日 (火)

アロマと重曹の入浴剤で夏の疲れをとりましょう

夏の疲れが出てきたり 風邪をひいて 体調を崩している方が多い時期だと思います。

そこで お風呂で シュワーっとはじける入浴剤を手作りしてみましょう。

今では 子供の玩具でもバスフィズ作りが売られていますね。

*食用の重曹とクエン酸を50グラムずつ、塩20グラム、をボールに入れてよく混ぜます。

スイートアーモンドオイル少々とお好みの精油3~5滴を少しずつ加え 手のひらで揉むようにしてよく混ぜます。

半分の量にして ラップで巾着絞りのように形を作り 冷蔵庫で一晩置きます。

形はクッキー型で作ると いろいろな形が楽しめて 小さなお子様のいるご家庭は 小さいものを作って 一人一つずつ入れたら 喜んでお風呂が好きになると思います。

精油は ラベンダーやイランイラン、オレンジなどがりラックス効果があって 夏の疲れもお湯とともに流してくれることでしょう。

湯船spaに浸かりながら 足首から膝の裏に向かって さすりあげると足も楽になりますよ。

私は 今回は ユーカリの精油をいれて風邪対策です。

重曹は デリケートな肌や物を傷めず優しく汚れを落とし、弱アルカリ性のため酸を中和して汚れをふき取ったり、硬水に含まれる金属イオンを挟み込み、水をやわらかくします。

また、酸とあわせると二酸化炭素が発生して、発泡・膨張します。

酸性の悪臭を取り除いたり、湿気を取り除きます。

風呂釜をいためず、きれいになってしまうというのも 嬉しいですね。ヽ(´▽`)/

|

« 2歳児と堰の周りを散策 | トップページ | 気になる手荒れの季節の前に »

心と体」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/518798/52908341

この記事へのトラックバック一覧です: アロマと重曹の入浴剤で夏の疲れをとりましょう:

« 2歳児と堰の周りを散策 | トップページ | 気になる手荒れの季節の前に »