« 美肌をつくるスキンケア(吉木伸子監修)・・界面活性剤とは | トップページ | 美肌をつくるスキンケア(吉木伸子監修)・・洗顔 »

2010年12月22日 (水)

美肌をつくるスキンケア(吉木伸子監修)・・クレンジング料は形状で

クレンジング料は選び方を間違うと肌に負担をかけやすいもの。

クレンジングをするときに肌をこする刺激も、肌を傷める原因になるということです。

指の摩擦が強く肌に伝わりやすい形状のものは避けたほうがよいでしょう。

総合的に考えると、適度にメイクの汚れを落とすことができ、比較的刺激が少ないのは、クリームタイプということになります。

また、ジェルタイプのなかでも、乳化させた乳白色のジェルならばよいでしょう。

形状はあくまでも目安です。クリームやジェルのなかにも刺激の強いものもあるので、実際に自分の肌で試して選びましょう。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

クレンジングはこすりすぎないように、メイクを浮かせて ぬるま湯ですすぎましょう。

こすりすぎは乾燥やシミの原因になりますので 気をつけましょう。

|

« 美肌をつくるスキンケア(吉木伸子監修)・・界面活性剤とは | トップページ | 美肌をつくるスキンケア(吉木伸子監修)・・洗顔 »

美容・コスメ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/518798/50366714

この記事へのトラックバック一覧です: 美肌をつくるスキンケア(吉木伸子監修)・・クレンジング料は形状で:

« 美肌をつくるスキンケア(吉木伸子監修)・・界面活性剤とは | トップページ | 美肌をつくるスキンケア(吉木伸子監修)・・洗顔 »