« 美肌をつくるスキンケア(吉木伸子監修)・・角質ケアのカン違い | トップページ | 美肌をつくるスキンケア(吉木伸子監修)・・クレンジングのカン違い »

2010年12月 9日 (木)

美肌をつくるスキンケア(吉木伸子監修)・・シミのカン違い

30代を過ぎたあたりから、ほおなどに急に出てくるシミは、「老人性色素斑」と呼ばれるもの。初期のごく薄いものは美白化粧品で薄くすることができますが、濃くなったシミは、レーザー治療でないと消えません。

美白成分を含む美容液などの化粧品は、シミを消すというよりシミ予防のために効果を発揮します。

できたシミにスポット的につけるのではなく、顔全体に使うのが正解です。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

濃いシミは病院で出してもらった ハイドロキノンでも なかなか薄くなりません。

やっぱりレーザーなのかな~。

|

« 美肌をつくるスキンケア(吉木伸子監修)・・角質ケアのカン違い | トップページ | 美肌をつくるスキンケア(吉木伸子監修)・・クレンジングのカン違い »

美容・コスメ」カテゴリの記事

コメント

詳しいコメントをありがとうございます。
20歳でかかった水痘の痕のシミが濃くてなかなか消えません。
気長にケアしていきます。

ありがとうございました。

投稿: デルフィーナ | 2010年12月13日 (月) 21時43分

レーザーは角層までしか取れないのでまたいずれ出てきます。シミは真皮でブロックが組合わさった様にできてくるのは各メーカーも10年以上前から解ってます。美白は今あるシミをなかったことにすることです。確立的に低いか高いかだけで消える成分は各メーカー開発済みです。

投稿: GPPQ | 2010年12月11日 (土) 14時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/518798/50255181

この記事へのトラックバック一覧です: 美肌をつくるスキンケア(吉木伸子監修)・・シミのカン違い:

« 美肌をつくるスキンケア(吉木伸子監修)・・角質ケアのカン違い | トップページ | 美肌をつくるスキンケア(吉木伸子監修)・・クレンジングのカン違い »