« 大人のスキンケア再入門(皮膚科医 吉木伸子著)・・不眠解消 | トップページ | 女は見た目が10割!(kasumi著)…面接必勝!メイク »

2009年10月17日 (土)

大人のスキンケア再入門(皮膚科医 吉木伸子著)・・気の異常

☆気の異常=「気虚」と「気滞」

東洋医学でいう気の異常には、大きく分けて2種類あります。

「気虚」は、気そのものが不足している状態です。

「気をつかう」仕事で神経を使ったり、脳を使って作業することなども気のエネルギーを消費します。気虚になると、やる気がでない、疲れやすい、食欲がない、眠くなる、風邪をひきやすくなるなどの不調をひきおこし、肌も栄養不足で乾燥してたるみやすくなります。

二つ目は「気滞」気の流れが滞る状態です。

ストレスは気の通り道を妨げるといわれ、気がサラサラと流れなくなります。

すると、気はよどんでたまったり、逆流したりするようになります。

気がよどむとうつ状態になり、気分が沈みがちになります。

お腹が張ったり、のどがつまるような感じがする人もいます。

気が逆流すると顔がのぼせたり頭痛がしたり、イライラもしやすくなるといわれています。

暇すぎる生活をしていると、ささいなことばかり気になったり、イライラしやすくなったりするのはこのためです。やることを見つけ、積極的に活動し、夜は休息をとる、これが 気の健康のために大切なことです。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

つい最近 暇すぎてささいなことで イライラして 誤解して そこから気持ちのすれ違いが生まれてしまいました。

自分を見失っては ダメですね。

常に前向きにいることは 難しいですが できるだけ忙しくして 自分磨きしていきたいと思います。

|

« 大人のスキンケア再入門(皮膚科医 吉木伸子著)・・不眠解消 | トップページ | 女は見た目が10割!(kasumi著)…面接必勝!メイク »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大人のスキンケア再入門(皮膚科医 吉木伸子著)・・気の異常:

« 大人のスキンケア再入門(皮膚科医 吉木伸子著)・・不眠解消 | トップページ | 女は見た目が10割!(kasumi著)…面接必勝!メイク »